So-net無料ブログ作成
検索選択

宇都宮の生地屋さん。

IMG_1932.JPG

先週末、思い立って宇都宮へ。
まだまだ初詣の人で賑わう神社には早くもだるま市の予告。
1月も中旬ですものね。

さて宇都宮。
餃子ではありません。

少しばかり前から年に数回訪れている宇都宮のまち。
なぜか、無性に行きたくなるんです。

大変失礼な言い方ですが、
ど田舎でもなく都会でもないまち。

近代的な建物が並ぶ道をてくてく歩いていると、
ひょっこり現れる大谷石の教会に見惚れたり。

車で駅からもっと走れば、
田んぼの中にポツリとある雑貨屋さんがあったり。

古くから営まれている器の問屋さんでは、
デッドストックという感じの器を宝探し。

目的がはっきりした大きなものはないのですが、
宇都宮はなかなか味わいがあるまち。

今回は車ではなく、
より小旅気分を味わいたくて、
ゆっくりゆっくり鈍行列車で。

過ぎて行く風景は、
ときおり山が見えたり、
都心のような住宅街が見えたり、
北へ行っているようで、移動していないような感じ。

車と列車とでは同じ目的地でもなかなか違った出会いがあるもので、
みつけました生地屋さん。

昨今の大手生地屋さんの雰囲気とはまったく違う、
洋裁がご婦人方の趣味といった時代にきっと大賑わいだったはずの生地屋さん。

布仕事はごく当たり前の女性の家の中のお仕事だったんですよね。
家の中には、小さな端切れもきちんと大切に保存されて、ちくちく接ぎ合わされて。
まいにちの暮らしをほんのすこし豊かにしてくれるものに。

布仕事が生業の私としてはゆったりとはいきませんが、
布仕事はゆったり楽しむのもいいものです。

そうそう、
宇都宮からの帰宅には時計をきちんと確認しなきゃいけません。

改札を出れば、すぐデパート。
ですが、念のため帰りの電車時刻を確認したら、1時間に3本。

なかなかの田舎まちでしょ。


コメント(2) 

コメント 2

あつこ

はじめまして。
あつこと申します。

かなり以前の記事への書き込みで申し訳ありません。
ネットをポツポツと見ていたら、こちらのブログ記事を見つけたので…。
宇都宮に住んでいるので、記事を嬉しく読ませていただきました。

古木様のお店のサイトも拝見しました。
カフェギャラリー、素敵なお店ですね!
ほのぼのとしていて暖かな気持ちになりました^^

今日は宇都宮も冷たい雨が降り、寒い一日となりました。
今は展示会をされているとのこと、どうぞお体お気をつけくださいね。


by あつこ (2012-09-23 18:31) 

furufuru

「なかなかの田舎町でしょ。」
なんて、ごめんなさい。

でも、それがすごく魅力的だったんです。
一度も住んだことはないのですが、
とても懐かしさを感じて、
訪れる度に田舎に帰ってきたような気分になるんです。

それでいて、すごく魅力的な雑貨屋さんもあって、
宇都宮にお住まいのあつこさんがうらやましいですよ。

展示会が無事に終わって10月になりましたら、
秋の宇都宮散歩へと出掛けようと、
ひそかに計画中です。

いつか、宇都宮での展示会が出来ましたら、
ぜひ作品を見にいらして下さいね。

コメント、ありがとうございました。




by furufuru (2012-09-24 21:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。